ビジネスモデルって何?お金を生み出すプリンタの作り方。

こんにちはハルです!
突然ですがビジネスモデルって何だと思いますか?

ビジネスモデル=経済的に自由になる最短の方法!

ん?どういう事??
って感じですよね。

大丈夫です!!この記事が終わる頃にはバッチリ理解して活用できるようにお話ししていきます!
今回も内容かなり濃いめですので、早速やっていきましょう!

1.ビジネスモデルとは?

POINT

お金を生み出し続けるプリンタ

みなさん100万円の現金の価値っていくらか分かりますか?
当たり前に100万円ですよね!

じゃあ毎月100万円を生み出すビジネスモデルの価値はいくらか分かりますか?
これも当たり前に100万円以上の価値を持っています!

例えばあなたが100万円持っていたとします。
もしその100万円を銀行に貯金していたとしたら、そのまま100万円分の価値しかありません。

でもその100万円を使って事業を生み出したなら、それは毎月お金を生み出し続ける100万円以上の価値のあるものに変わるのです。

なのでここではビジネスモデル=お金を生み出し続けるプリンタと表現しています。
では一体どういう考え方がビジネスモデルを作る上で必要なのか?

考え方としては次の3点を考えるだけです。

 ①誰に何を
 ②どのように提供するか?
 ③どう儲けるか?

まず①の『誰に何を?』は“収益の蓋然性”を考えます。
 ※蓋然性=確実性の度合いのこと。

ここで注意点はターゲットを絞る考え方をしないように気をつけてください。
だって買ってさえくれれば別にターゲットでなくても誰でも良いですよね。

大事なのは“いくら払える人か?”を考える事です。

そしてもう一つ注意する点は、この“いくら払えるか=顧客単価”を市場価格の相場に合わせて設定しないようにします。
理由は後ほど説明するので、価格は市場の相場を一旦無視して大丈夫です。

2.ビジネスモデルの組み立て方

POINT

数字を細分化してやることを明確にする

ではどのようにビジネスモデルを作りげあげていけば良いのでしょうか?
めちゃくちゃ簡単!次のリストの順に決めていけば良いだけです。

①固定変動算出
②PPCの算出
③BePの可視化
④価格&来店数調整
⑤施策の選定

あーーややこしそう!

こういう難しそうな言葉がリストになると、読むの嫌になって遠ざけがちですよね。
ただやってみると意外と簡単なことも多いので、簡潔かつ丁寧にやっていきましょう!

固定変動算出

まずはコストの話からいきますね。
イメージしやすいようにカフェの例でお話ししていきます。

コスト=変動費+固定費
事業にかかるコストは、集客数などによって毎月変動する費用(食材原価など)と、毎月固定の費用(家賃など)の2つから成ります。

カフェの場合でいうとこんな感じの数値になります。

PPCの算出

ビジネスでは『鷹の目、アリの目』の視点をもっておくことが大切です。
全体を俯瞰する視点と、細かく細部まで見る視点の両方が必要です。

ここではビジネス全体の売上、コスト、利益をお客様一人当たりの数値にまで細分化していきます。

カフェの場合の数字を入れるとこうなります。
これでPPCを見ると顧客一人当たり450円儲かることがわかります。

BePの可視化

次に見ていくのがBePです!

BeP(Break even Point)=利益分岐点

どういうことかと言うと
売上ーコスト=0になるポイントがBePです。純利益が0のポイントですね。
要は売上がいくらあれば利益とコストがトントンになるかを算出するのです。

固定費は家賃と人件費合わせて毎月150万円かかります。
この150万円を稼ぐために、1杯で450円儲かるコーヒーを何杯売らないといけないかを算出するのです。

これで見ると1ヶ月で3,333杯売らないといけない計算になります。

ビジネスでは、あとどれぐらい売り上げれば利益が出るか?と言う“数字”で管理するのではなく、あと何杯売れば利益が出るか?と言う“具体的な行動”で管理することがとても重要です。

ちなみに1ヶ月で3,333杯って1日に100杯以上です。
普通にキツくないですか?笑
具体的な行動に落とすことで、コーヒーを500円で売ることは厳しいことに気がつきます。

価格を上げれば当然売れる個数も少なくなるので、この場合は価格を上げるための施策を考える必要がある事がわかります。

3.施策の考え方

POINT

価格は絶対に下げてはいけない!

価格&来店数調整

ではこの場合どうやって利益を出せるようにしていけばいいでしょうか?

めちゃくちゃシンプルですが“単価を上げる”“個数を増やす”、このどちらかの施策を考えるだけです。
どんなビジネスでも基本はこれ。

これだけです!
シンプルで考えやすくないですか?笑

選択肢はたったの2つだけです。
単価をあげる
単価も個数もあげていく

ここで絶対にやってはいけないのは単価を下げて個数を増やすこと!
これをやると価格勝負のアリ地獄に陥り、まず大企業に勝てません。

施策の選定

ではどのような戦略で売上と利益の向上の施策を打っていくか?

考え方としては3つの戦略があります。
・コスト戦略
・差別化戦略
・集中戦略

結論から言うとあなたが勝負できるのは“集中戦略”一択です!

なぜ“コスト戦略”と“差別化戦略”をとるべきではないのか?
この2つの戦略を打つためには流通や製造に相当な強みがないと大企業に勝てません。

例えばあなたが服屋さんを始めるとして、“ユニクロ”や“ZARA”に価格や商品の回転の速さで勝てるでしょうか?
現実的ではないですよね。
でも唯一勝負できるのが集中戦略のゾーンです。

とにかく対象を絞って狭いセグメントに特化する戦略が一番有効になるのです。
ピンポイントで大企業にも勝てる分野で勝負するのが賢い戦略です!

4.戦略作りに必要なスキル

POINT

真のニーズとUSPを把握すれば必ずうまくいく

では最後はどういう風に戦略を作っていくのかを具体的に見てみましょう。

ここで必要になってくるスキルが2つあります。
お客様の比較対象を把握
自社サービスのUSPを把握

まずはお客様がどのように商品やサービスを比較しているかを知ることから始めます。

例えばあなたが牛乳を買いに行こうと思った時に次の2つのどちらを選びますか?

A.家から徒歩30秒のコンビニで売っている200円の牛乳。
B.家から徒歩20分のスーパーに売っている170円の牛乳。

Aじゃないですか?

価格が30円高いにもかかわらず、ほとんどの人はコンビニで買うと思います。
一体なぜでしょうか?
お客様は30円の差額で“時間”を買っているのです。これがコンビニの戦略です。

コンビニの売りは文字通り“便利さ”です。値段はスーパーや文具店より高くてもお客様には“便利さ”という価値を提供しているので、多くの人がコンビニを選ぶのです。

なんだか戦略を立てるヒントが見えてこないですか?

カフェでも同じです。
オフィス街なのに電源コンセントが使えるカフェが1軒しかないなら、コーヒー1杯1,000円でも集客できます。
多くの人はコーヒーの味や価格だけではないところに“価値”を感じてその“価値”にお金を払います。

大事なポイントが見えてきましたね。
お客様が本当に求めていることは何なのか?
ここを明確にして戦略を打つことがめちゃくちゃ重要で、まずやるべきことなのです。

そこで必要になるのが
USP(Unique Selling Proposition)=あなたの商品やサービスだけにある強み
を把握することです。

上の図の赤色の部分がUSPです。
“お客様のニーズ”と“自社の強み”の重なるところから競合他者の強みを引いた領域です。
この時に注意するのは競合他者の強みでもある部分はあえて捨てることです。

わかりやすい例として“ドミノピザ”の例で見てみましょう。

ドミノピザのUSPは何と言っても“早さ”です!
お客様は美味しいピザを食べたいのはもちろんですが、一方でそれ以上に“早さ”を求めているところがポイントです。

1時間かかる最高のピザより、30分以内で食べられるそこそこ美味しいピザの方がニーズが多いのです。ドミノピザは、あえてこの“早さ”に特化する戦略を打ち出してやったことで大成功しました。
味やその他の要素をおいてでもとにかく“早さ”を追求したのです。

このように自社サービスのUSPを把握することで実質他者との競合が起こらなくなり、どんな業界でもブルーオーシャン(敵のいない市場)にすることができるのです。

5.まとめ

POINT
  • ビジネスモデルとはお金を生み出し続けるプリンタ
  • 数字を細分化してやる事を明確にする
  • お客様が本当に求めていることは何なのか?を知る
  • USPを磨きブルーオーシャンでビジネスをする

ビジネスモデルの作り方、やってみると意外に簡単じゃなかったですか?

せっかく誰かの役に立つビジネスも、ただやみくもにやるだけでは意味がない。
あなたがビジネスで経済的に自由になることは、沢山の人を幸せにすることと同じです。

ビジネスモデルを確立して、世の中に良質なサービスが溢れると最高ですね!
ではまた次回!
ありがとうございました!

※この記事はMUPカレッジで学んだ内容を僕自身の考え方を通して書かれています。

©TAKAKI TAKEHANA

0 返信

返信を残す

Want to join the discussion?
Feel free to contribute!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください