ロジカルシンキングとは?効果的に真実の情報をつかむ方法。

こんにちはハルです!
今日は論理的思考スキル(ロジカルシンキング)のお話です。

情報が溢れた今の時代、論理的思考スキル無しでビジネスが成功する確率は0%です!
もっと言えば人生が豊かになる確率もほぼ0%です!笑

沢山勉強してビジネススキルは100点満点でも、この論理的思考のスキルが0点なら掛け算の法則でビジネスでは0点になってしまいます。
せっかく付けたビジネススキルを無駄にはしたくないですよね。
大丈夫です!

論理的思考ってどういう風に組み立てていけばいいのか?
論理的思考を邪魔する落とし穴をどうすれば回避できるのか?

今回はこのあたりを解決していきたいと思います!
ではやっていきましょう!

1.論理的に答えを導く力

POINT

答えよりも考え方を磨く!

そもそも論理的思考スキル(ロジカルシンキング)ってどんな思考なんでしょうか?
簡潔に言うとロジカルシンキングとは、議論や思考を進めていく上での道筋を立てることです。

ビジネスの世界でいうと、正解の答えを導き出すことではなく、答えを導き出すための正しい考え方のことを指します。
ちょっと小難しいので実際に頭を使いながらやってみましょう!

では問題です!

あなたはラーメン屋さんにいるとします。
次のような条件の時、このラーメン屋さんの売上と利益はいくらになるでしょうか?

場所:浜松町駅前
座席数:13席
従業員数:3人
ラーメン価格:650円

ちょっと時間をとって一度考えてみてください。

はい!

答えは出ましたか?

ごめんなさい、最初に言うと答えはどうでもいいんです。
実際に売上と利益の予測をしても、本当の数字は誰にも分からないので正解・不正解は有りません。

この問題で重要なのは、どのような考え方でこの答えを導き出したかにあります。
実際に予想もつかないような数字を、論理的思考を使って導きだすことを『フェルミ推定』なんて言ったりします。

ここではまず売上の要素となるものを、このように全て書き出してみます。

ロジカルシンキングといえば難しく聞こえますが、要するに求めたい答えの要素を分解していくだけです。

ここでは、回転数、来店数、客単価、売上、営業日数、原価、コスト、全経費、売上(月間)、利益に分解できます。

更に平日と週末、ランチとディナーで分けて、それぞれに考えられる数値を入れるだけです!
めちゃくちゃ簡単じゃないですか?

ちなみにこんな感じです。

このフレームワーク(決まった型)さえできていれば、表参道のクレープ屋さんでも、銀座のお寿司屋さんでも数字を変えるだけで同じように使えるわけです。

このようにただラーメンを食べに行った時でも、論理的思考を磨けるチャンスは沢山あります。
普段の生活から意識して考える癖を付けて習慣化してしまいましょう。

ビジネスではめちゃくちゃ強みになります!

2.疑う力

POINT

ビジネスではコペルニクス的思考が最重要

ロジカルシンキングにはちょっとしたコツがいります。
なぜなら、人間の本能の中にロジカルシンキングを邪魔するものがいくつかあるからです。

そのうちの一つが思い込みです!

コペルニクスの思考でめちゃくちゃ有名な『地動説』

今では誰もが知っている常識になっていますが、彼がはじめに『地球が太陽の周りを廻っている』と主張した時は誰も彼の言うことを信じていませんでした。

真実なのに。。。

ビジネスの世界でも、自分が見ている視野が必ずしも正しいとは限らないと疑い続けることが重要です。

なぜなら人間は、自分の思い入れのあることに対しては都合よく考える習性があるので、自分の視点ではなく顧客の視点を論理的に証明・追求していくことを意識しなくてはなりません。

3.事実を見抜く力

POINT

分断思考とネガティブ思考を捨てて真実を見抜く

人間の本能に備わっているこの2つの思考を今すぐに捨ててください!
早く!すぐに捨てて!笑

この2つの本能は、ビジネスに限らず全てにおいて事実とは異なる理解を起こしてしまう原因になります。

人間はものごとを2つに分断して考えがちですが、この世界は単純に2つに分断できるわけではありません。
白と黒の間には無限に広がるグラデーションがあって、ビジネスではこのグラデーションの理解がとても重要なのです

例えばあなたが飲食店を作りたいとします。

まずはじめに店舗の立地って気になりますよね?
立地についてもし白か黒かだけで分断してしまうと、交通量が多い=“良い立地”、交通量が少ない=“悪い立地”と考えてしまいがちじゃないですか?

でも、立地について細分化して考えてみると、一概に“良い”か“悪い”かだけではない事実に気がつくわけです。
このように分断したものを細分化してグラデーションを考えることで、より論理的に事実を認識することができるのです。

次にネガティブ思考の本能ですが、ネガティブ本能というのは“共感”です。
人間は本能的にネガティブなことに特に共感するようにできています。

テレビのニュース番組はなぜネガティブなニュースが多いんだと思いますか?
共感する人が多い=視聴率が取れるからです。

例えば交通事故のニュースの場合。

『愛知県で交通事故が起こり2人が死亡しました。わき見運転が原因。』
本来、事実を知るだけならこれぐらいで十分なはずです。

でも必ずお決まりで、被害者の遺族のインタビューなんかが入りますよね。
このネガティブな部分を入れることで視聴者の興味を引こうとしているのです。

人間はネガティブに流されて感情的に情報を判断してしまうので、事実とは違う間違った理解を起こしてしまうことが多々あります。
ニュースを見てるとどんどん暗い気分になって、世の中は悪くなっていってるように感じる事ないですか?
スポーツコーナーでほっとする。みたいなの。笑

ビジネスで正しい判断をするためには、自分の感情や感覚を定量化(物事を数量化すること)して証明することがとても大切です。

流れをまとめると

① まずネガティブ思考を外す
② 見たそのままを一度疑う
③ 自分なりに調べてみる
④ 論理的に考える
⑤ 事実が分かる
⑥ データ(数値化)にできる
⑦ データに基づく事実から正しい判断

この流れでものごとを見ていければ、あなたが手にする情報の精度は格段に上がっているのでビジネスでも最善かつ正しい判断ができるようになります。
内容とやり方だけ分かっていればロジカルシンキングも意外と簡単じゃないですか?

今回は、形のないものをロジカルシンキングを使って数値化していくためのポイントをお話ししました。
次回は引き続き事業を作っていく具体的な方法についてお話ししていくのでお楽しみに!

ありがとうございました!

※この記事はMUPカレッジで学んだ内容を僕自身の考え方を通して書かれています。

©TAKAKI TAKEHANA

6 返信
    • haru017jpn
      haru017jpn says:

      おーそうやったんですね!
      身近でも最近結構増えてます!
      ガンガンやていきましょう!

      返信

返信を残す

Want to join the discussion?
Feel free to contribute!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください