企画書の書き方が分かる!サクサク作ってどんどんアイデアを形にする方法!

ここまでの記事を読んで頂いた方は、少しずつビジネススキルのベースができてきたかと思います。
今日は企画設計スキルのお話です。

これから事業を始めたり、自社のサービスをクライアントに提案する時に必要になるのが提案資料です。企画設計スキルと言うのは簡潔にいうと、あなたのアイディアを論理的思考を使って資料に落とし込むスキルです。

このスキルがないのは地図なしで旅に出るようなもの!
ビジネスで迷子にならないようしっかりやっていきましょう!

1.提案資料の構成

POINT

フレームワークを使ってとにかく早く作る

資料制作スキルでポイントは効率的に作ること。

もちろん丁寧に作ることも大事ですが、あなたが意識しておかないといけないのは資料作成している時間は売上にならない時間ということです。
なるべく売上を生み出す時間を多くしていきたいですよね?

なのでここはサクサク資料作成していきましょう。

提案資料には大きく分けて下の3つがありますがここでは“クライアント向け提案”資料の作成について見ていきます。

作業の効率化にはフレームワーク(物事を作る時の決まった型)が必須です。
ここでは次のような提案資料の構成をフレームワークとして毎回組み立てていきます。

2.課題の定義

POINT

伝えたい相手は決裁者

以前の伝えるスキルの記事でもお話ししたBFABというフレームワークと同様にまずは結論から伝ていきます。

ここでは仮に僕がSNSマーケティング会社の営業で自動車メーカーへSNSを使ったサービス提案をしにきたとします。

この提案で一つ大きなポイントがあるので先に話すと、ゴールは僕が直接提案するクライアントの担当者だけに伝わるのではなく、その担当者が決裁者に提案できるような内容と話し方を心がけることです。

なぜなら、ほとんどの場合決裁者は担当者の上司など、別にいる場合がほとんどだからです。
ちょっと伝わりづらいと思うので図にするとこんな感じです。

まず結論を話すのですが、ここでは③の“課題の定義”とセットで話せそうなので課題の定義をしながら、自分のサービスで導いていきたいクライアントの未来の姿を伝えていきます。

ここでは継続的な広告媒体としてInstagramのフォロワー数を10万人にすることを伝えます。

ここでまずはクライアントの課題の定義をして、クライアント自身に課題を認識させます。

資料作成のポイントはしっかりAGENDA(目次)を入れて、クライアントがこちらの話してることが資料のどの部分であるかを確認しやすいようにしておきます。
クライアントを迷子にさせては絶対にいけません。

3.課題解決策の提案とスケジュール

POINT

・クライアントを迷子にしない
・クライアントの未来の姿を想像させる

課題の定義がおわったら次は、課題解決までのスケジュールと解決策の提案をしていきます。

わかりやすい提案にするには必ず次の話に入る前に、今からどの部分を話すかを分かりやすく伝えてあげてください。

はじめに定義した課題に対する解決策を順番に提案していくのですが、ここでのポイントは最終的なクライアントの未来の姿を想像させることです。

自社のサービスを使ってどのように課題を解決して、その後にはどんな未来が待っているかをなるべく具体的に想像させてください。
そして再度念押しで最初に話したフォロワー数10万人をもう一度話します。

4.コスト提案とお見積もり

ここまででサービス内容の提案を行ってきたので最後にお金の話をします。
今回提案したサービスにかかるコストと他の同じカテゴリのサービスのコストを比較して示すと分かりやすいです。

例えば、“1View”(1回目に触れる機会)あたりのコストを、自社のサービスを使った場合と“ポスティング”や“雑誌”、“看板広告”などを使った場合で概算して比較するなど。

当たり前に他の媒体より1Viewコストは安くなるような比較にしてくださいね。笑

そして最後に見積もりの提案をして終了です。

このような流れで提案していくのですが、最後にもう一度一番のポイントを確認しておきますね。
これで資料作成をサクサク進めて、どんどんあなたの素晴らしいアイデアを世に送り出していきましょう!
ワクワクする!

POINT

あなたが担当者にうまく伝えたかではなく、担当者が上司にどううまく伝えるかが重要

※この記事はMUPカレッジで学んだ内容を僕自身の考え方を通して書かれています。

©TAKAKI TAKEHANA

0 返信

返信を残す

Want to join the discussion?
Feel free to contribute!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください